成形時における樹脂のヒケ対策

金型設計上の問題で、肉厚が5ミリ以上有る部分が大きく穴のあいた状態が発生、また全体にひけも発生しました。

そこで、コアー側に銅合金を使用する事で、全ての問題点を解決しました。

 

お問合せは、
電話 072-958-2549

 

または、下記まで