会社方針

 

顧客満足を第一に、常にチャレンジする企業です!


CEOメッセージ

私は、個人的な業績を含むと過去40余年間、プラスチック樹脂加工成型品などの設計から、新規開発製品の企画及び試作など、ものづくりの仕事に就いています

 

私どもの目指すものづくりとは、人々が幸福に暮らすために必要であるもの、顧客企業へのサービスを通じて、世界の産業の発展や大きくは世界中の人々の幸福へと繋がる貢献をすることです。企業として、発展し広がる社会に準拠して存続するのですから、社会が健全に繁栄することに、寄与していくことが弊社にとっても極めて重要と考えております。

 

日本経済は戦後凄まじい成長を遂げ、特にこの40年は、国内の製造業も幾多の変遷を経てきました。弊社のものづくりへの精神は、そうした過去のお客様へのニーズに応えようと努力した不断の技術錬磨がもたらした賜物です。

 

これまでの私どもの経験が発揮された固有技術とノウハウ、企画力で、たくさんのお客様から、必要不可欠な会社としてお付合いいただけますようこれからも精進して参る所存です。

 

 また、今後も、創業時1987年からの社風である「チャレンジ精神」を忘れず、広く世界中の優れた製品が人々に行き渡り、世界の産業がもっと隆盛することに努力を重ねていきたいと考えております。

 

そして、地球環境や人間の暮らしやすい社会に配慮しながら、人類が幸せに発展していくために、これからも尚一層の努力をしてまいりますので、何卒お引き立ての程、よろしくお願い申し上げます。

  2021年1月14日 代表取締役 寺田 廣美  

会社沿革

1982年10月
ヤマト工芸として個人創業(大阪府東大阪市にて)
1984年 2月
ヤマト工芸を大阪府羽曳野市に移転
1985年 4月
大阪府松原市に金型工場を操業
1985年 8月
大阪府柏原市に自動機による金属加工工場を操業
1987年 2月
株式会社ヤマトを設立(資本金 500万円)
1987年 2月
大阪府藤井寺市に倉庫及び配送センター操業
1987年 4月
PC事業部をスタートする
1989年12月
資本金 2,000万円に増資
1990年 3月
大阪府藤井寺市に倉庫を増設
2003年 3月
富田林市川面町に倉庫を移転