インジェクション金型:内側にネジ加工のある成形品の金型制作方法

①モーターラック式金型

内側のネジ加工部分は、金型が開く前にモーターラック(回転するモーターをラックで固定したもの)を作動させ、内部を移動、ネジ部が壊れないように金型を先に開きます。

その後、全体の金型を開き、成形品を取り出す方法です。

(問題点:成形時間が長いことと、コスト面で高くつきます)

 

②内スライド式の金型

コア側(内側)に4カ所のネジ部を内スライド加工し、金型全体を通常の動きだけで、成形品を取る方法です。

成形時間が短くなり、コスト面でもかなり安くなるので、お勧めです。

内スライド式金型のイメージ

 

 

お問合せは、
電話 072-958-2549

 

または、下記まで